Just another WordPress site

1ダイエット情報

未分類

危険すぎる副作用が満載。注射タイプのダイエットに注意したい

投稿日:


この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■糖尿病の注射薬をダイエットに…

近年、糖尿病治療薬の一部が、個人輸入や美容クリニックにおいて、“痩せ薬”として不適切使用されている実態がある

2型糖尿病の治療薬である「GLP-1受容体作動薬」が、ダイエットや痩身などを目的とした適応外の使用をされている

内容を確認すると薬剤は本来、糖尿病治療薬であること、海外から個人輸入で購入すること、カウンセリングや医師からの診察で説明のなかった重篤な副作用が発生する可能性があることなどの記載が

■各方面から注意喚起がなされている

一部のクリニックでGLP-1受容体作動薬を美容・痩身・ダイエット等を目的として処方する広告が散見されますが、日本人における安全性と有効性は確認されていません

製薬企業4社が「適正使用に関するお知らせ」の公開を始めたことを、公式サイトの注意喚起情報のページに掲載した。注意喚起を公開したのは、ノボ ノルディスク ファーマ、アストラゼネカ、サノフィ、日本イーライリリーの4社

「健康な方が医薬品を使用することのリスクおよび医薬品適正使用の観点からも、このような行為を禁止すべきである」と強い懸念

医師の見解です。

■絶対に使わないで欲しい

最近美容系のクリニックで #GLP1 という #糖尿病 の自己注射薬を #ダイエット に効くと言ってた処方してるクリニックがあります。これさとんでもないです。#インスリン製剤 ではないですが正常にインスリンが分泌されてる方に糖尿病の注射を打つなんて正気の沙汰ではありせん。

え…これは…普通に逮捕されるやつだよね?私はあまりお目にかかる機会は無かったんだけど、いくらなんでも糖尿病の自己注射薬は危険すぎ…‼️
ダイエットしたい気持ちはわかるけど、紙一重な事しないで命大事にしてほしい…。
てゆか何で売りに出るの?必要な人が貰って売るの? https://t.co/79qT0N8OLu

ダイエット効果!とか言って糖尿病の注射薬メルカリで売る奴に飛びつく奴らがいる、というツイートを見て、戦隊モノとかでよくある悪の組織が「美容に絶大な効果!」とか言いながら変な薬売り始めてもまじで買う人いっぱいいそうだなとか思ってしまった。

■更に、「筋肉増強作用」のある注射をすすめるクリニックもあるという

「男性ホルモン(テストステロン)補充療法」を利用して「筋肉増強」を謳うクリニックのもの。男性ホルモンを注射して筋肉増強? いや、それってどう考えてもドーピングでは……

「デカデュラボリン」とは、ドーピングの代名詞とも言える筋肉増強剤の製品名で、いわゆる一般人が思い浮かべる「ステロイド」(アナボリックステロイド)である

広告に記載されていたということです。

アナボリックステロイドには多くの副作用がある。その副作用は用量依存性で、最も一般的な副作用は血圧上昇とコレステロール値上昇

■様々な副作用があるという

クリニックのサイトには、一応、副作用として「にきび、体毛増毛、薄毛、多血症、肝機能低下、女性化乳房など」とは書かれている

深刻な病気に対する治療行為としてならばともかく、「いい体になりたい!」程度の目的で行うにはリスクが高すぎる

高血圧、血中LDLコレステロールの増加、血中HDLコレステロールの低下により、心血管系の病気を誘発する原因ともなる。特に「心臓の負担」となる過度な有酸素運動と組み合わせると、顕著な心肥大を起こさせる

■こちらは注射ではないが、海外からのダイエット薬の輸入には注意が必要だ

便秘薬と甲状腺ホルモンの錠剤の2種類だ。記事によると、これをそれぞれ朝と晩に飲み続けると、1カ月で見違えるように痩せるという

中国では日本の薬と称して、このような薬が販売されているようです。

「ホスピタルダイエット」などと称される製品については、下記のとおり医薬品成分が検出されており、複数の都道府県から死亡例を含めた重篤な健康被害事例が公表

個人輸入した「MDクリニックダイエット」と称される製品を服用した県民(18歳、女子高校生)が、発汗、胃部不快感などの症状を訴えている

-未分類

Copyright© 1ダイエット情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.