Just another WordPress site

1ダイエット情報

未分類

【脚痩せ】女性に多い“脚が太い”という悩み…!対策や予防まとめ【セルライト】

投稿日:


脚は体の中でも痩せにくい部位です

女性が気になる体の部位の中で、常に上位にランクインするのが脚。上半身に比べて太りやすい上に部分痩せも難しく、隠すのも難しい箇所なだけに、脚の悩みは尽きないものです。

足を細くしたいのであれば、まずは足が太くなっている原因を知ることが大切です。その上で、足が太くなる原因に合わせて、足をすっきりさせる対策を実践してみましょう。

足の【ゆがみ】が原因な事も…

下半身太りの原因は、ズレとゆがみということもあります。重心で一番大事なのは、足の指先です。指先が床にしっかりとついていない人は、重心がずれています。重心がずれることによって、筋肉に負担がかかり循環機能の低下が起こってしまうのです。足の指がしっかりと床について歩くようにすればこれは、解決できます。

よく聞く【むくみ】も下半身太りに関係する症状です

むくみが原因で足が太くなっている場合、体のほかの部分はそれほど太っていないのに、足だけ太いということがあります。体内の水分は、体をめぐったあと、最後には外に排出されます。しかし足の筋肉量が少なくなると、体の循環機能が低下して、排泄されるはずの水分が足にたまってしまうことがあります。これが足のむくみです。

お母さんより足太いし がたい でかいて
どゆいうこと泣きたい
誰に似たと

下半身太りの悩みと言えば…みんなの憎き敵【セルライト】!

セルライトとはお尻や太ももなどに起こりやすく、肌がでこぼこしたオレンジの皮のようになる(オレンジピールスキン)現象で、その正体は脂肪と老廃物の塊です。成人女性の8割にみられるもので、一度できてしまうと自然に消えることがなく、どんどん痩せにくい体になってしまい、むくみや冷え性といった症状の原因となり、健康を損なうことさえあるのです。

セルライトができると太りやすく痩せにくい体質になると言われます。これは代謝が落ちることが原因です。代謝とは必要な酸素や栄養を血液で届け、不要な老廃物は静脈やリンパ管で吸収し外に排出するという人間が生きて行く上で欠かせない機能。セルライトができてしまうと、必要な栄養素は吸収できたとしても、不要な老廃物がたまってしまい、スムーズに排出されなくなってしまうので痩せにくくなってしまい、むしろ太りやすくなってしまうのです。

脂っこい料理を好んで食べたり水分を摂らずにいると、血がドロドロになって血行不良を引き起こし、冷えやむくみの原因になります。脂肪が燃える順番は内臓脂肪→皮下脂肪→セルライトだと言われています。脂肪がどんどん蓄積されていく生活をしていると、いつまでたってもセルライトの脂肪を燃焼できません。

太ってから太ももにセルライトできるようになったよ、嫌だー

本気の改善を目指すならエステなどに通うのが効率的!

基本的にはほぐして流す、という作業が必要になりますが、タイプによっては自分の力だけでは落ちません。そういった時は、エステサロンや美容外科でほぐしてもらうか、特殊な周波が出る機械でほぐしていく必要があります。

エステは、確実にセルライトを減らすサポートをしてくれます。しかし、エステを上手に利用して、セルライトの減った状態をキープできるかどうかは自分自身の努力次第です。本気でセルライト除去をしたいなら、1ヶ月なら1ヶ月、3ヶ月なら3ヶ月と、まずは意思を固めて、日ごろの生活習慣や食生活から見直すことが必要です。

まずは体験コースでカウンセリングがおすすめ

でもセルライトエステでプロによる施術を受ければ、理想のボディラインにグッと近づくことができるんです。セルライトエステサロンを探すなら、まずは体験コースを受けて実力を確認するのがオススメ。

フォーレディ池袋店に体験してきました!体験エステが1980円で受けれるとあって行ってきました。コースを体験して痩せれるかどうか確認してからご案内しますとのこと。

間違ったケアは逆効果の危険も!

残念ながら、セルライトはマッサージで潰して解消することは医学的にできないとされており、したがって、セルライトの潰し方というのも存在しないようです。

「セルライトを潰すぞ!」と脚を強く揉んでしまうと、内出血でアザになってしまう原因になりえます。マッサージをするときは、脚の疲れを取る程度にするつもりで、優しく行いましょう。

新たなセルライトを作らない努力も重要

水分をたくさん取ることも忘れずに。水分摂取量が少ないと、循環する体液の量が減ってむくみの原因になります。目安としてはミネラルウォーターやお茶などを1日1.5リットル~2リットル摂取するようにしましょう。

ルライトの最大の敵は【冷え】です。
これからの季節、薄着になったり冷房のきいた部屋にいる機会が増えたり、知らず知らずのうちにカラダを冷やすことが多くなります。
そこで、カラダを冷やさない工夫をして、血流・リンパの流れをよくしましょう。

-未分類

Copyright© 1ダイエット情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.