Just another WordPress site

1ダイエット情報

未分類

ダメなダイエット法〜知らないとキレイに痩せれない!

投稿日:


この記事は私がまとめました

akitokineさん

現代社会の世の中では痩せたい人であふれています。なかには無理な断食を何日間も行ったり、過度な運動をすることで、かえって健康のバランスを欠いてしまい、なかには入院を余儀なくされてしまうダイエットのケースもあります。痩せたい人はすぐに痩せたいと思ってしまうばかりに、リバウンドの危険性のある断食や過度な食事制限をして、痩せる前よりももっと体重が増えてしまう人もいます。自分でも過酷なダイエットだと気づいているならば、それがストレスにもなり得るので、ダイエットは無理なく痩せる方法を取ることが大切なのです。

夜中の食事✖︎

夜22時〜翌朝2時の間。この時間帯に食事を摂ると、身体は積極的に脂肪を溜め込み、太りやすくなります。

逆に最も少なくなるのが、午後2時〜4時ごろの時間帯。この時間帯は食べても比較的脂肪になりづらく、太りにくいと考えられます。

断食は✖︎

「3日間何も食べないで過ごしたら5キロ痩せた」など、嬉々として話す友人がいましたが、それは脂肪が5キロ減っているわけではありません。せいぜい減っていても1キロもないぐらい。減っているその体重のほとんどは水分です。釣ったばかりのイカがあたりめになったみたいなもの。ひからびてるだけ!

本気で痩せたいならば、栄養の偏ったダイエット方法よりも、炭水化物・タンパク質・脂質・糖質・カルシウムなど、バランスのよい食事を心がけましょう。

食べ物のご褒美は✖︎

目標体重まで行ったらポテトチップスを食べよう、ハンバーガーを食べよう、などと言っている女性がいますがこれは絶対にリバウンドへの近道です。
その日を皮切りにダイエットは終わり、また食べて増える日々にもどって行ってしまう事がほとんどです。
ダイエットに終わりはありません。
一日チョコレート2つまではOKにするなど小出しにして食べればダイエットに影響はありません。

短期間ダイエット✖︎

キレイに痩せるためには、短期間で痩せることはオススメできません。

これは、肌のたるみの原因になります。せっかく痩せたのにたるみができてやつれて見える、老けて見えるなんて嫌ですよね。

また、短期間で痩せようとして極端にカロリーを抑えたり、1日に1食だけにするなど無理なダイエットをしようとします。これが原因で貧血になったり、また精神的に負担がかかり、過食の原因になります。

無理な運動✖︎

引き締まったスタイルをつくるためには運動の併用は必要不可欠です。
ただ種目にもよりますが運動の消費カロリーはそれほど多くはなく、食欲が増してかえって逆効果になることもあります。
また過剰に運動することで脚などを傷めてしまってはもともこもありません。
心地よいと思える程度の心身ともにストレスのない運動量を心がけましょう。

下剤ダイエット✖︎

下剤を飲み、腸に溜まっていた便を出すことで一時的に体重は減りますが、食べることで戻ります。下剤を飲めば痩せると思っている方も多くいますが、下剤を毎日飲んで痩せたとしても想像していた健康的な体ではなく、不健康な体になっていまいます。下剤ダイエットは決して行ってはいけません。

まとめ

健康的かつ綺麗に痩せたい方は、明確な目標設定を行ったうえで、無理のない運動や食事を取り入れることがとても大切です。

-未分類

Copyright© 1ダイエット情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.