Just another WordPress site

1ダイエット情報

未分類

最近太ってきた・・・ダイエット外来ってどんなところ?

投稿日:


この記事は私がまとめました

自分でダイエットしても痩せない!ダイエット外来ってどんな所?

ダイエット外来とは、美容目的や簡単に痩せる為に
あるものではなく、医師が太っている事で健康に影響を及ぼす可能性がある人の生活習慣を見直し、根本から改善をするために病院がサポートをしてくれるダイエットです。

ダイエット外来とは、「肥満外来」などとも呼ばれる、肥満専門の治療を行う病院のことです。医師の他にも薬剤師や管理栄養士、臨床心理士などのチームによる診療を受けられるようです。

ダイエット外来は体型の制限がある?

ダイエット外来は痩せたい人が誰でも自由に受ける事ができるものではありません。専門の医師から指導をもらい、生活習慣改善や薬物治療などを行うため「肥満」の状態でないと断られる場合があります。

自分では太っていると思っていても、医学的にそれほど痩せる必要性がなければ受けることが出来ない場合もあります。
基本的には、●BMIが25以上●腹囲が、男性は85cm以上、女性なら90cm以上であることです。

ダイエット外来で行われる治療

ダイエット外来では、大きくわけて3種類の治療方法があります。

その3種類の治療方法を医師が診断した結果をもとに判断して、一人ひとりに合ったやり方を提供してくれます。

1.生活習慣の改善(食事・運動・生活リズムなど)

肥満の人は、その生活習慣の中に肥満の原因が潜んでいます。例えば、次のようなものです。

・夜遅くに食べて、そのまま寝てしまう
・ダラダラ食べてしまう
・お腹いっぱいになっても食べてしまう
・運動をする習慣が全くない
・空腹時にスーパーやコンビニに行って、大量に食材を購入してしまう
・ストレス解消方法はドカ食い

このような生活習慣は肥満の原因になりますので、どうすればこのような行動を修正できるのかを医師と考えながら、日常生活習慣を修正し、肥満の原因を消していく治療方法です。

2.薬物療法

肥満外来で行われてる基本的な治療は食事と運動両面からの生活の見直しですが、必要に応じて薬を使った治療も行われます。
肥満の治療で使われる薬には食欲を抑える「食欲抑制剤」脂肪の吸収を抑える「脂肪吸収抑制剤」、「漢方薬」があります。

3.外科療法

欧米では外科療法が普及しており、高い治療効果を上げています。特に上部消化管に対する手術では、糖尿病の改善に対して高く評価されています。
日本での減量手術は、あくまで美容の目的ではなく、肥満と合併症の悪化や進行が予想される場合に限られています。

見た目の脂肪を減らす方法

ダイエット外来では基本的に生活習慣を改善してリバウントをしないように徐々に減量していくダイエット方法を行いますが、外科療法で直接脂肪を減らす方法もいろいろとあります。

見た目をの脂肪を短期間で減らしたい人は医師と相談をして外科療法を受ける事も検討してみてはいかがでしょうか。

脂肪吸引

吸引管で脂肪を吸引する治療法です。
最近では、皮膚の切開範囲も小さくなり、その分身体への負担も少なくなっているといわれています。

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は、美容外科や美容皮膚科で行われている、注射による部分痩せ法のこと。脂質を分解する作用のある薬を数種類ブレンドして、痩せたい部分の皮下脂肪へ注射します。

切らない脂肪吸引

痩身効果が高いとされる脂肪吸引ですが、傷が残ることに抵抗を感じる方も少なくないでしょう。しかし、体の表面に穴を開けずに脂肪吸引する方法もあるのです。「切らない脂肪吸引」と呼ばれる施術方法のメリットをご紹介します。

本気のダイエットをサポートしてくれるダイエット外来

太っていると見た目的にも健康的にもいい事はあまりありません。しかし、ダイエットをしても思うような結果を得られなかったり、リバウントしたりなどなかなか上手くいかない事も多いと思います。体の事を考えて、本気でダイエットをしているのに痩せれなくて悩んでいる場合は、ダイエット外来を受診してサポートしてもらう事を検討してみてはいかがでしょうか。

-未分類

Copyright© 1ダイエット情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.