Just another WordPress site

1ダイエット情報

未分類

冬太りを解消!「りんごダイエット」が最高♫

投稿日:


この記事は私がまとめました

akitokineさん

「りんごをダイエットに取り入れて痩せたい!」
「りんごで痩せる方法を知りたい!」
という希望はありませんか?

りんごを上手く使えば、甘いものを楽しみながらダイエットを実践することもできます。

りんごのカロリーは・・・

りんごのカロリー量は1個あたり150kcal前後です。毎食りんごだけで過ごせば、摂取カロリーを確実に減らすことができます。
(毎食2個食べても1日で6個900kcal。女性の1日の必要摂取カロリーは1600~2000kcal程度です)

りんごは便秘解消に役立つ食物繊維も豊富で、腹持ちも良い食材です。3日間続けると絶対的にカロリーが抑えられるので、効果があると考えられます。

りんごダイエットってどんなの?

1日1食をりんごに置き換えるという方法です。食物繊維などの栄養が豊富でありながら低カロリーな食べ物。1食分を置き換えることで大幅にカロリーカットが見込めるほか、便通を改善したり満腹感を得られたりとダイエットに期待できます。

また、食前や間食に食べるのもおすすめです。1食置き換えるだけで、他の食事はしっかり食べていいので、体調や健康面も問題なし!

効果があるのは・・・

お昼ごはんも、午後からの活動のエネルギーになります。夜ご飯は、その後もう寝るだけなのでそれほどエネルギーが必要ではありません。
なのでりんごダイエットで置き換えをするには夜が効果的だと言えます。

りんごの「ポリフェノール」は皮に多く含まれ、その量は果肉に含まれる約4倍といわれているので、りんごを食べる時には皮ごと食べるのが良いようです。

何で痩せるの?

新陳代謝を活発に!

りんごには数多くのポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールは活性酸素を抑える抗酸化作用があるため、新陳代謝を活発にして痩せやすい体を作ってくれます。

また、ポリフェノールにはコレステロールを除去する働きもあります。

便秘解消

水溶性と不溶性の食物繊維が含まれており、加熱することでオリゴ糖が増えてより高い効果を発揮します。
風邪や二日酔い時など、胃腸が弱っている時はすりおろして食べると、胃腸に優しく便秘を解消してくれます。

脂肪吸収を抑える

りんごには食物繊維が豊富に含まれていますが、この中のペクチンという水溶性食物繊維は、糖や脂肪が体内に吸収されるのを抑える働きがあります。

むくみ解消

体がパンパンに張ってしまうむくみ。これも太って見える原因のひとつです。
りんごに含まれているカリウムは、むくみを招く塩分を排出してくれるので、すっきりとしたボディーを取り戻すサポートをしてくれます。

老化防止にもなる⁈

リンゴに含まれているポリフェノール(リンゴポリフェノール)は、抗酸化作用があり、老化の原因である活性酸素から身体を守ってくれます。

脂質が酸化したものがコレステロールですから、抗酸化作用により体内のコレステロールの状態を正常に戻す作用もあるとされています。

ポリフェノールには、メラニン色素を生成する機能を抑制する効果があるので美白効果に大きく尽力してくれています。また「口臭予防」や「アレルギー抑制効果」といった健康に嬉しい効果もあるのです。

美肌効果もあり!

りんごにはダイエット向きのビタミンが多く含まれいるんです。中でも特筆すべきなのが「ビタミンC」「カリウム」なんですよ!
ビタミンCは言うまでもなく、美容・美肌効果のある成分。コラーゲンの生成をサポートするため、健康的できれいな肌を作ってくれます。ほかにも、コラーゲンの生成はダイエットに欠かせない役割を持っていて、筋肉を作る手助けをしてくれるんです♪

注意することは・・・

置き換えダイエットの一番注意したい点は、栄養バランスの乱れです。1食をりんごにすることで、2食で色々な食材をとり、タンパク質などをしっかり取ることが大切になります。また、早く痩せたいからと言って、3食りんごにする、など過度のダイエットをしないようにしましょう。

焼きリンゴでダイエット

-未分類

Copyright© 1ダイエット情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.