Just another WordPress site

1ダイエット情報

未分類

”コーヒーを飲むと痩せる”ってホントなのか?

投稿日:


コーヒーを飲むと痩せる?

食前にコーヒーを飲むと空腹感が押さえられるという実験結果があるらしい。また、食前に飲むことにより、食後の空腹感を継続して押さえられるとのこと。飲むタイミングでダイエットに大きな効果が期待出来そう。

bit.ly/oH6NRC 美味しくダイエット!! コーヒーダイエット!! ブラジルで話題騒然 【エスピーコーヒー16 -SP coffee 16-】

ホットコーヒーダイエット

コーヒーに含まれるカフェインはリパーゼを活発にさせる働きがある。リパーゼは脂肪を分解しダイエット効果あり!

さらにカフェインには、血行促進や、老廃物を排出する効果も期待できる!しかし大量に飲むのはNG!1日カップ約2.5杯(350ml)が適量です

コーヒーなどに含まれるカフェインは脂肪の分解を図ってくれる効果があります。運動する前に摂取すればより脂肪燃焼が促進されます。 #ダイエット #痩せ #減量 #肥満 #体重

コーヒーとダイエットについて関連性はありそうだ

コーヒーによるダイエットのメカニズムとは?

なぜ、コーヒーを飲むとダイエットができるのだろうか?

コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸には、脂肪分解と脂肪の蓄積を防ぐ効果がある

コーヒーダイエットはコーヒーの中に含まれている、クロロゲン酸とカフェインによって脂肪燃焼を促進

ほうほう、どうやら"クロロゲン酸"という物質がキーワードのようだ

"クロロゲン酸"とはなんだ?

ときたま、クロロゲン酸って聞くけど
実際はなんのことだかさっぱりわからない。。

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は、抗酸化作用が強いことで知られています。

なんだ、ポリフェノールの仲間なんだ!!

ポリフェノール(抗酸化作用)とは?

近年流行っている"抗酸化作用"について復習してみよう

水素水やスーパーフルーツで一躍有名になった"抗酸化作用"

その活性酸素を活発化しないように抑えるのが"抗酸化作用"だそうだ。

"活性酸素"が体内で蓄積されると太りやすいの?

活性酸素は肥満の人の体内環境を悪くすることで、さらに太りやすくしたり、生活習慣病の発症率を高めたりする

もともとは免疫細胞だそうだ、だけど免疫が暴走して脂肪と結びついて体内環境が悪化するそうだ。

でも、コーヒー苦手な私はどうしたらいいのだろうか?

-未分類

Copyright© 1ダイエット情報 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.