Just another WordPress site

1ダイエット情報

未分類

「オイルおにぎり」のダイエット&美容効果!風味UPでおいしさ長持ち!「オイルおにぎり」

投稿日:


この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

「オイルおにぎり」のダイエットと美容効果

「オイルおにぎり」とは

「オイルおにぎり」とは、おにぎりをにぎる際、手に水を少々付けるのが通常のところ、水の代わりにオイルを手に付ける、直接ご飯にオイルを混ぜる、オイルで炒めた具材を混ぜ込む等をして、おにぎりを作ることを言います。

具材やトッピングを変えることでアレンジが豊富になるうえ、様々な味を楽しむことができます。また、ダイエットや健康を意識したい場合、白米ではなく玄米、雑穀米、もち麦、黒米などを活用するのも◎

いいこと尽くめの「オイルおにぎり」

オイルがお米一粒ひと粒をコーティングしてくれるので、ご飯が冷めてパサつきにくいというメリットが。ですので作ってすぐに食べれないお弁当におすすめです。

入れる油は、量に気をつければベチャッとすることなく、冷めてもおいしいおにぎりが完成しますよ。

「オイルおにぎり」のダイエット効果・効能

「ダイエット中なのにオイルを使って大丈夫?」と思われるかもしれませんが、良質のオイルを摂ることで便秘を改善する、腹持ちを良くする等……ダイエットに役立つほか、お肌や髪にツヤや潤いが出るといった美容効果も期待できます。

オイルの分量は多すぎず、少なすぎず

基本、ごはん茶碗1杯分に対して使うオイルは小さじ1/2ほど。

それ以下だとごはんにオイルが行きわたらず、それ以上だとオイルが主張しだします。

オイルっぽくならないベストな量でもあるので、この量を覚えていただくといいかと思います。

「オイルおにぎり」におすすめのオイルの種類と効能

最も馴染みやすく手軽に取り入れられるオリーブオイルは、100%純粋なエクストラバージンタイプを選ぶのがオススメです。

エキストラバージンオイルのオレイン酸にはポリフェノールが豊富なため、コレステロールを減らすのに役立ちます。

また、オレイン酸はインスリンの分泌を調整する働きがあるため血糖値が上がりにくく、太りにくい体質へと導くと同時に、オレイン酸が食べ物の余分な消化吸収を抑える働きがあるのでダイエット効果が期待

えごま油

えごまというシソ科の植物の種子から採取される油で、体内で作れない必須脂肪酸のα-リノレン酸を摂取できるのがポイントです。

このα-リノレン酸のリパーゼには脂肪を分解する酵素が含まれるため、脂肪燃焼の促進に期待

亜麻仁油

α-リノレン酸などのオメガ3系の必須脂肪酸が豊富で、善玉コレステロールを増やす効果があると同時に、α-リノレン酸が血管をしなやかにするため血流が促進され、冷え性改善にも役立ちます。

また、亜麻仁油には水溶性食物繊維と不要性食物繊維がどちらもバランスよく含まれているため、便秘解消に効果的

ココナッツオイル

中鎖脂肪酸に分類されるココナッツオイルは、吸収が早く、すぐにエネルギーとなるので、体内に蓄積されにくいのが特徴です。

また、ココナッツオイルは小腸にある腸絨毛まで浸透することで腸の老廃物をスムーズに排泄し、便秘解消にも役立ちます。

ごま油

「若返りビタミン」とも呼ばれているビタミンEが豊富に含まれています。

また、ゴマグリナンという抗酸化作用が高い成分も豊富なので、活性酸素や悪玉コレステロールの増加を抑える働きがあり、お肌・髪・体などのアンチエイジング効果が期待

「オイルおにぎり」のダイエットに役立つ食べ方&ヘルシーレシピ

「オイルおにぎり」は、なるべく小さくにぎるようにすると食べ過ぎ予防に役立ちます。

手毬寿司より少し大きいぐらいのイメージで、1食につき2個を目安に食べるようにしましょう。

塩こぶとちりめんじゃこのドライトマト入りオイルおにぎり

「風味がいい!」「おいしい!」と最も人気なのがオリーブオイルのオイルおにぎり。青ネギとドライトマトの赤が彩り鮮やかです。

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/22448/recipe/135638

アップルミントと鶏そぼろのオイルおにぎり

鶏そぼろと卵の具にアップルミントを添えて。オリーブオイルのおかげで和洋の素材がうまくなじみます。

レシピはこちら
https://oceans-nadia.com/user/23175/recipe/137189

-未分類

Copyright© 1ダイエット情報 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.