Just another WordPress site

1ダイエット情報

未分類

ゼロキロカロリーに騙されないで!ゼロキロカロリー食品の真実

投稿日:


この記事は私がまとめました

健康科学について研究している大学院生です。健康知識についてまとめます。

tetsuaaさん

ゼロキロカロリー飲料や食品が流行っていますが、本当はカロリーがあるのはご存じですか?

食品表示基準※1のもとでは、5kcal未満であれば、栄養成分としては無視できる程度のカロリーとみなされている

キリンビバレッジのHPからの引用です

500 mL では 35 kcal 未満であればゼロキロカロリーと表示できます。
これは分かりやすい例えだと角砂糖 2 つまでならばゼロキロカロリーとされます

カロリーゼロ飲食品に含まれる人工甘味料が体にさまざまに影響して、肥満につながる恐れがあることが分かってきました

吸収されないはずの炭水化物が腸内細菌によって分解され、大腸内で吸収されている可能性が出てきました。
ゼロキロカロリーとされていたものがカロリーとして吸収されていた

摂り過ぎは厳禁ですが太らない為におすすめのものを 3 つ程紹介したいと思います。

・食物繊維

一つ目は食物繊維です。
食事の際にサラダやキノコ類など、食物繊維を多く摂取するようにしましょう。
食物繊維は糖質などの吸収を穏やかにするだけでなく、腸内環境を整える上でも大事です。
また、出来るならば食事の初めにサラダを食べる、ベジファーストと呼ばれる食べ方をお勧めします。
ベジファーストがなぜ身体に良いのかは未だ仮説段階だそうですが、まず間違いなく身体に良いだろうというデータが出ているそうです。

・タンパク質

二つ目はタンパク質です。
最近タンパク質の摂取を勧める健康法が増えていますが私もそれは正しいと考えています。
データソースは忘れてしまったのですが、以前摂取カロリーの 30%-40% 程のタンパク質を摂取するようにした場合より満腹感を感じるようになるといった報告がありました。
また、それだけでなく代謝が良くなるといった報告などもあります。
身体を構成している大切な成分ですので欠かさず摂るようにしましょう。

・カフェイン

三つ目はカフェインです。
コーヒーや緑茶に多く含まれるカフェインには注目すべき効果が沢山あります。
まずは食欲を抑える効果です。
カフェインの覚醒効果による影響だと思うのですが、カフェイン摂取は食欲を抑えるといった報告があります。
二つ目は皮下脂肪燃焼、体重減少効果です。
カフェインは代謝を上げる効果があり、それにより脂肪の燃焼や体重減少が起きると言った報告があります。
三つ目は運動、勉強パフォーマンスの向上です。
エナジードリンク等にもよく含まれていますのでこの効果は有名かもしれません。
カフェインは摂取後 30-60 分で作用し、記憶学習、集中力、運動パフォーマンスを向上させるといった報告があります。
今は禁止されていませんが2004年まではドーピング薬剤のリストに掲載されていた程の効果を持っています。
この様にカフェインは大きな効果を持っていますが過剰摂取には特に注意が必要です。
コーヒー程度では問題になることは多くはありませんが摂り過ぎないように注意しましょう。

-未分類

Copyright© 1ダイエット情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.