Just another WordPress site

1ダイエット情報

未分類

本気で痩せるダイエット方法!

投稿日:


この記事は私がまとめました

大事なことは簡単なこと。そして続けられることだと思ってます。1日何時間もやる必要のないダイエット方法をまとめました!

frontiergさん

まずは今のあなたを知りましょう。

ダイエットだけでなく医療現場やスポーツ現場・個人指標として世界的に使われている指標の一つです。
体重・身長の入力だけで簡単にできます。

わかりやすく載せてあったサイトを貼っておきますので是非使ってみてください。

■BMIが18.5未満の方
あなたのBMIは標準よりも小さく、痩せていると判定されました。肥満は健康の大敵ですが、もちろん痩せすぎも良くありません。普段から食欲がなかったり運動不足だったりする方は、きちんと食べて適度に運動するように心がけてください。

■BMIが18.5~25未満の方
あなたのBMIは標準の範囲内と判定されました。今の体重をキープするように心がけてください。ただし、体重は標準でも体脂肪率の高い「隠れ肥満」の可能性もあります。日頃から運動不足が気になる方は、適度に運動して自己管理に努めてください。

■BMIが25以上の方
あなたのBMIは標準よりも高く、肥満気味であると判定されました。肥満はさまざまな生活習慣を引き起こす、健康の大敵です。食生活を見直し、適度な運動を取り入れて自己管理に努めてください。

乳幼児や妊婦は測定方法が異なります。
また以下に引用しましたが、妊婦の痩せすぎ・太り過ぎは危険です。しっかり食べて栄養をつけることも妊婦の大事な役目です。

BMIを指標として肥満の判定ができるのは成人に対してのみで、子供に対して用いることはできません。乳幼児の肥満度の判定にはカウプ指数(10×体重(g)/身長(m)3)が、また学童児の肥満度の判定にはローレル指数(体重(kg)/身長(cm)3)×107)が、それぞれBMIの代わりに用いられます。

乳幼児はこちらの計算式を用います。

妊婦の場合、日本肥満学会の基準でやせ(BMIが18.5未満)では切迫早産、早産、および低出生体重児分娩のリスクが高くなります。また、肥満(BMIが25以上)にあたる妊婦は妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病、帝王切開分娩、死産、巨大児、および子供の神経管閉鎖障害のリスクが高いことがわかっています。

女性には痩せにくい時期がある

1.生理開始から生理終了までの約7日間(=生理期間)
2.生理終了から排卵までの約7日間
3.排卵からの約7日間
4.次の生理の1週間前にあたる約7日間
この4つの時期に最適なダイエットプランがポイントです。

時期を絞って的確にダイエットを!

意識すべきはカロリーよりもGI値

GIとは、炭水化物を含む食品を食べたときの血糖値の上がりやすさを表した指数です

過食等で血糖値が急激に上昇すると、多量のインスリンが必要になるため、すい臓に負担がかかります。また、過剰に分泌されたインスリンの働きによって、あまったエネルギー源が、脂肪として蓄えられます。

注目してほしいのは、過剰なエネルギーが脂肪として蓄積されること。

意識するべきは低GI食品を取りながら、タンパク質を積極的に取りましょう。

10分なわとびダイエット

子供の頃にやっていた縄跳び。あの頃太っていた子は少なかった...。
それもそのはず!縄跳びの効果はすごいです

日たったの10分のなわとびでも、脂肪燃焼効果が期待できるのです。

なわとびを跳ぶことで全身の筋肉を使い、特にふくらはぎやももなど、下半身の筋肉が使われます。

下半身引き締めに効果が大きいことはもちろんのこと、脚からお尻にかけての大きな筋肉が鍛えられることで基礎代謝がアップし、やせ体質になることができます。

この子のBefore Afterがすごいです!
ベランダでも庭でも、飛ぶだけなら室内でもできます。

痩せるための筋肉を徹底的に鍛える「痩せ筋ダイエット」

さとう珠緒、やしろ優なども実践して効果が出ています。
しかも食事制限なし!

-未分類

Copyright© 1ダイエット情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.