Just another WordPress site

1ダイエット情報

未分類

ウォーキングダイエットできちんと効果を出すには、頻度や時間が大事

投稿日:


この記事は私がまとめました

気になるニュースを料理します。皆様の役に立てるよう頑張ります。

hayate15さん

ウォーキングの頻度は? 目的別ウォーキングダイエットの方法

ウォーキングの適切な頻度は、できるだけ毎日継続することです。

ウォーキングは長期的に継続することで効果が現れてくる運動です。

そのためウォーキングの効果を得るためには、継続するためのモチベーション維持も必要になってきます。

間隔を空けながらウォーキングをしてしまうと、その間隔が徐々に開いていくようになり最終的にはウォーキングを中断してしまうことになりかねません。

体調不良や天候の悪化といったウォーキングができない以外は、毎日ウォーキングを行うスタンスでいた方が継続しやすいです。

ウォーキングを毎日行うことで得られる3つの効果とは?

全身の代謝が良くなる
ストレス解消につながる
心肺機能が強くなる

効果1.全身の代謝が良くなる

ウォーキングを毎日行うことで得られる1つ目の効果は、全身の代謝が良くなることです。

有酸素運動であるウォーキングを継続して行うことで基礎代謝を高める効果があります。

ウォーキングを毎日継続させて全身の代謝を上げ、体質改善を目指しましょう。

効果2.ストレス解消につながる

ウォーキングは有酸素運動なので、全身に酸素を送りながら運動することができます。

ウォーキングをしながら景色を楽しんだり、会話を楽しむことができるのもウォーキングのメリット。

気分転換ができる時間が長ければ長いほど、ストレス改善効果も高まります。

効果3.心肺機能が強くなる

ウォーキングは適度に心拍数を上げ、肺に十分な酸素を取り込みながら行う有酸素運動です。

このような運動を毎日継続することで、体はその運動負荷に耐えられるように適応していきます。

そのため、心臓の機能が徐々に強くなったり、呼吸器系の機能が強くなってくるのです。

ウォーキングで効果を得るための2つのポイント

ウォーキングの効果を受けやすくするためのポイントがあるのです!

1回のウォーキングで30分以上は歩くようにする
正しいフォームでウォーキングする
ここからはウォーキングで効果を得るための2つのポイントについて解説します。

1回のウォーキングで30分以上は歩くようにする

最低30分は歩きましょう。

その理由は、脂肪をエネルギーとして、より消費されるのがウォーキング20分以降だからです。

30分という時間を捻出できそうなすき間時間を探し出して、有効に時間を活用できないか検討してみましょう。

正しいフォームでウォーキングする

正しいウォーキングフォームを身につけることで、全身にバランスよく負荷をかけられます。

また、体にかかる負荷を分散することもできるので、けがの予防にもつながります。

すぐにウォーキングフォームを身に着けることは簡単ではないですが、毎日継続して歩くことで徐々に身についてきます。

一度フォームを覚えてしまえば、普段の移動時間を運動に充てることも可能になってくるので、ぜひ身に着けて頂きたいと思います

スポーツウォーキング・エクササイズで目指すは体脂肪1kg減!

体脂肪を燃焼させるには、有酸素運動であるウォーキングが適しています。

ウォーキングを積極的な運動・スポーツとして捉え、心肺機能・筋肉量の向上、体重減少などを目的とするエクササイズウォーキングがお勧めです。

健康ウォーキング「2駅歩いて」体型キープと健康増進!

毎日おしゃべり可能な速度で60分間ウォーキング(一日に250kcal程度消費)
週に4回おしゃべり可能な速度で90分間ウォーキング(一日に450kcal程度消費)
「短期のダイエット目的ではないけど、20代のくびれをキープしたい」、「タレ尻にはなりたくない!」という人は、毎日こつこつウォーキングダイエットがおすすめ。
歩幅を広めに意識すると骨盤が動き、周辺の筋肉も連動して動き始めるので、美脚効果のみならず、くびれウエストやヒップアップ効果も期待できます。

1日に、現状プラス6000歩のウォーキングダイエットを目指す

普通の歩幅で40分間ウォーキング(約2.5km)
歩幅広めで30分間ウォーキング(約3km)

目安として、日常の中で2駅程度歩くと上記に相当

ダイエットにおいて大切なのは続けることです。結果、「習慣」となりダイエット体質になりますので、ソコが目標。ダイエット体質を習慣づける為にウォーキングは最適

-未分類

Copyright© 1ダイエット情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.