Just another WordPress site

1ダイエット情報

未分類

夜に着圧ソックスを履くなら夜用を選ばないとダメ!ピッタリの選び方

投稿日:


この記事は私がまとめました

RIEKKOさん

夜用を履くべき理由。昼とは着圧数が違う!

寝るときに履くのなら「夜用」を選びましょう

昼用は着圧値が高めに設定されているのに対し、夜用は就寝時に適したおだやかな着圧値となっています。主に立ったり座ったりして重力がかかりやすい日中と比べ、夜は体を横にするため、低めの着圧値でも効果が期待できます。また、着圧値を下げることで圧迫感を軽減し、睡眠の邪魔をしないように設計されています。

夜と昼とでは着圧数が違います!

昼用のものを夜に履くと圧力が強すぎるので、脚の状態が悪くなってしまう可能性があります。反対に夜用のものを昼に履くと圧力が弱すぎて思ったような効果を得られない可能性があります。「同じようなものだから」と考えずに、昼用夜用と使い分けるようにしましょう。

昼と夜で着圧ソックスを履き分けるのが大事!

履いてはいけないときは?かぶれなどが出たら履くのは控えて!

着圧ソックスは、ある程度締め付け感があるのが特徴です。

この締め付けが強すぎることが原因で、血行不良になったり、肌に負担がかかったりすることで肌がカブレてしまう事があります。

時には、蕁麻疹の原因になってしまうこともあるようです。

皮膚がかぶれたら履くのは中止!

圧力の強い着圧ソックスを長時間履いていると、血行不良などのトラブルの原因になることが。とくに数値が30mmHgの強いものは、履き続けると動脈閉塞などを引き起こしてしまうケースもあるといいます。

数値の高い着圧ソックスを夜に履かないこと

ママの体調にもよりますが、自然分娩の場合は産後1ヶ月を目安に履き始めてください。

帝王切開の場合は、産後2ヶ月経って医師の了解を経てから履き始めましょう。

産後に履く時は体調を見てから!

やっぱり「メディキュット」がおすすめ

王道である「寝ながらメディキュット」がやっぱりおすすめです。

段階圧力設計とやわらか素材のキュットアップ製法で、翌朝の脚スッキリ。しっかり引き締め、履き心地さらに快適に。

王道のメディキュットだから信頼性もあり

スリムウォークなら足裏もカバー

疲れた足裏もキュッとひきしめ翌朝スッキリ。
・足裏アーチサポート設計。
・ズレにくく跡のこりしにくい幅広くちゴム。
・ひざ裏メッシュ編みでムレにくい。
・はきごこちのよいふんわりパイル編み。
・消臭繊維使用。

足裏までカバーしてくれる

ヒップケアも一緒にやっちゃおう!

履いて寝るだけでヒップケアができるスパッツタイプ。

ヒップ一緒にケア!

骨盤サポート付きタイプなら1枚でケアできる

寝る時専用の骨盤テーピング付き。
横になっている姿勢で骨盤をやさしくサポート。
就寝時も快適。

寝ている間でも骨盤は歪みます。

足の指までケアできるタイプもある

究極3点ケアでお疲れ脚をクイックリセット!
・足裏ビーズクッション内蔵で、
・歩くたびに足裏をグイグイ刺激!
・足指ビーズセパレーターで、
・足指をしっかり広げ開放リフレッシュ!
・高着圧設計で、ふくらはぎをキュッとひきしめ!
・はきごこちのよいふんわりパイル編み。
・消臭繊維使用。

夜用というよりも、帰宅直後用

夏用もあるから暑くても快適にケアできる

今年の夏は最強クールで朝まで快適美脚ケア!
・最強クール設計。
・-4℃接触冷感素材使用。
・さらさら感アップ。
・ひざ裏メッシュ編みでムレにくい。
・【ロング】足裏アーチサポート設計。
・【スパッツ】ナイトヒップブラ設計。

夏でも快適にケア

冬ならもこもこ素材のタイプで温かい

-未分類

Copyright© 1ダイエット情報 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.